2015年6月9日火曜日

Metal for Mac

WWDC 2015 で Metal for Mac が発表された.MetalはもともとiOS向けの軽量グラフィックスレイヤーで,OpenGL ES の代わりとして導入されたものだ.GPUがMacに比べて貧弱なiOSデバイス向けという位置付けだったのだが,めでたくMacにもやってきた.

今後 Core Graphics (Quartz), Quartz Compositor (Quartz Extreme), Core Image, Core Animation などがMetalの上に直接乗るだろう.Core Graphics がOpenGLの上に乗ったのは OS X 10.2 からなので,今思えば OS X は実に上手い具合にレイヤー化を徹底していたのだなあと思う.

0 件のコメント:

コメントを投稿